中古車速報 2023/011/08

2023/11/09 売約となりました。

中古車速報です。

96MY 300Tdi NOX・PM適合
9人乗り 3ナンバー
エプソムグリーン
走行不明? メーター表示106,600マイル
車検 令和7年4月

実は数か月前に販売したばかりの車なのですが、事情があって手放さざるを得なくなったということで、買い取らせていただきました。

https://asahimotors.hatenablog.com/entry/2023/02/25/183441

走行距離に関しては仕入れ時に走行不明ということでしたが、色々推測するに、実走行の可能性は高そうです。詳細は上記の記事をご確認ください。

仕様・整備内容も上記記事を参照してください。
ヘリテイジ仕様で仕上げていましたが、今はノーマルのグリル周りに戻されています。
それから、上記記事に漏れていた仕様として新品のカーペットキットがありました。
また、リヤスピーカー、ラバーマット、LEDヘッドランプバルブ、リヤラダー、サイドシルチェッカーも追加されています。

車両価格は600万円台中盤を予定しています。整備済みなので即納可能です。
整備・カスタム内容を定価計算すれば300万円は超えることを行っています。
当然安くはないですが、それだけの価値はあると思います。

お問い合わせはinfo@asahimotors.netまで。

納車整備

こちらの車の納車整備が完了しました。

中古車速報 2023/05/12 - asahimotors’s blog

 

外装がちょっと難ありの車でしたが、しっかり仕上げればこれくらいの状態にはできます。

整備内容は以下の通り。

 

フューエルブロックコネクタ 取替
フューエルブロックコネクタガスケット 取替 
インマニガスケット 取替
フロントカムシール 取替 
リヤカムシール 取替
シールワッシャ 取替
ヘッドカバーガスケット 取替
インジェクタハーネス 取替
インジェクターワッシャー
インジェクターOリング
シリンダヘッドブリーザホース 取替
シリンダヘッドブリーザバルブ 取替
ブランキングプラグ 取替
エキゾーストマニホールドガスケット 取替
EGRバルブ取替
ファンベルト 取替
ファンベルトテンショナー 取替
ファンベルトアイドラプーリ 取替
ウォーターポンプ 取替 
ウォーターポンプシール 取替
ラジエータアッパーホ-ス 取替
サーモスタット 取替
インタークーラーホースキット 取替 
ブレーキサーボ 取替
ブレーキマスターシリンダー 取替
フューエルポンプ 取替
フューエルポンプガスケット 取替
フューエルフィラーホース 取替
フューエルフィラーブリーザホース 取替
フューエルフィルタ 取替
エアブリードバルブ 取替
フロントハブ スイベル オーバーホール
スイベルシール取替
スイベルハウジングガスケット 取替
ドライブシャフトシール 取替
スタブアクスルガスケット 取替
スタブアクスルシール 取替
フランジガスケット 取替
スイベルグリス
ハブシール 取替
ハブグリス
左CVジョイント取替
ドライブアクスルフランジ 取替 
リヤハブ オーバーホール
スタブアクスルガスケット 取替
フランジガスケット 取替
スタブアクスルシール 取替
ハブシール 取替
ハブグリス 
ドライブアクスルフランジ 取替
リヤハーフシャフト 取替
ハブキャップ
クラッチオーバーホール
プッシュロッド 取替
クラッチキット 取替
パイロットブッシュ 取替
フライホイール 取替
クラッチフォーククリップ 取替
レリーズフォーク 取替 
クラッチフォークステープル 取替
クランクリアシール 取替
オイルパンガスケット 取替
トランスファ脱着
トランスファインターミディエイトシャフトOリング
トランスファインプットシャフトシール 
ミッションアウトプットシャフトシール
スピードメータードリブンギヤオイルシール
スピードメータードリブンギヤケースOリング
スターターモーター 取替
クラッチマスタシリンダー 取替
クラッチペダルガスケット
プレッシャースイッチ銅ワッシャー
クラッチスレーブシリンダー 取替
フロントブレーキキャリパオーバーホール
ステンレスピストンキット
フロントブレーキディスク 取替
フロントブレーキパッド 取替 
リヤブレーキキャリパ オーバーホール
ステンレスピストンキット 
リヤブレーキディスク 取替
リヤブレーキパッド 取替 
足回りブッシュ ショックアブソーバー コイルスプリング取替
ショックアブソーバー BOGE 
純正ブッシュ 社外ボルトセット
パナールロッドブッシュ
フロントラジアスアームブッシュ 前後
リヤロワアームブッシュ 前後
Aアームブッシュ
Aアームボールジョイント 
ステアリングダンパー 取替
エアエレメント 取替
エンジンオイル 取替
遠心フィルタ 取替 
カートリッジフィルタ 取替
LLC
ブレーキフルード
ミッションオイル 取替 
前後デフオイル取替
トランスファオイル 取替
バッテリー 取替
下回り防錆塗装ノックスドール 内部防錆
フロントガラスゴム 取替
アルパインウインドウゴム 取替
ベンチレーターパッキン 取替
ワイパーブレード
右ヘッドライトベース 取替
ABSユニット 取替
クーラーコンプレッサー 取替
クーラーパイプOリング 
クーラーガス
フロントマッドフラップ 取替
ウインカースイッチ 取替
テールランプ 取替
ルーフパネル 脱着 塗装
アルパインウインドウゴム 取替
フロントバンパー ヘッドランプパネル フロントグリル塗装
ステンレスバンパーボルトキット
ヘッドランプガード 塗装
リヤクロスメンバー塗装
ボンネット フロントグリルベース 塗装
グリルベースステッカー
オーバーフェンダー 塗装
フロントガラスフレーム ベンチレーター 塗装
フロントガラスヒンジ 塗装
ステンレスベンチレーターボルトキット
ベンチレーターパッキン 取替
フロントガラス 取替
左前後ドア 右リヤドア 塗装
右リヤドア 塗装
全ドア防水ビニール 取替
左クォーターアッパーパネル 塗装
スライドガラスオーバーホール フェルト取替
スライドガラスフィラーストリップ
ステンレスボルトキット
左右サイドステップ 中古 塗装 取替
ヘッドランプレンズ 取替
ステアリングロック&キーシリンダーx3セット 
給油口キャップ
右フロントドアウェザストリップ 取替 
タイヤ5本 取替
HDホイール 4本 取替

 

この整備内容については車両価格に含みますので、一切整備費用はいただいていません。この費用を普通に定価でいただいたら200万円では全然足りません。外装は写真の通り塗装ハゲなどそれなりにありましたが、特別酷い状態でもなく、機関部などはむしろしっかり整備されていた方と言ってもいいかもしれません。走行に車検に通らなかったり、普通の走行に不都合があるような不具合はほとんどありませんでした。多分、普通の販売店であればオイル交換程度で売りに出してしまうでしょう。しかし、良い状態にするのを目指し、調べなければ分からない不具合をチェックして対応し、数年内に交換が必要になる、壊れることが予想できるところを一通り整備するということであれば、これくらいの内容になります。

上記整備の中でも特筆すべきはABSユニットですが、特に警告灯が点灯しているわけではありません。しかし、調べるとポンプが動いておらず、ABSは効いていない状態でした。このままでも車検は通るのですが、今後ブレーキの整備で、ブレーキフルードが完全に抜けてしまうようなことになると、ABSユニットの中にエアが入って抜けなくなってしまいます。ちなみにユニットの交換費用は現時点で40万円くらいします。

最近他店で購入された車両の整備依頼が増えていますが、不具合が無いと思って乗られている車でも、本当にしっかり整備したら100万円くらいはすぐに飛んでいきます。この車は走行距離が19万kmですが、Tdi・Td5の年式、つまり20~30年経った車ならもっと少なくても同じことです。

相変わらず中古車を探されている方は多いですし、人気なので普通の中古車屋さんでディフェンダーが並んでいることもありますが、そういうところで購入される場合は別途で整備費用を用意しておくことをお勧めします。

 

 

中古車速報 2023/09/28

中古車速報です。
以前当社で販売した車です。
90Ⅴ8 50周年記念
平成10年12月登録(1998MY)
アトランティスブルーからアルルブルーへの全塗装(外装のみ)

走行距離が今のところ不明です。
メーター交換歴が一度あり、記録簿によると平成24年131642kmの時に認証工場さんで新品交換されています。90では必ず発生するオドメーターの表示不良だったと思われます。そこでゼロになり、その後平成27年5月に当社で販売したときには20050kmが表示されていました。その後、また表示が消えてしまったようですが、令和3年7月の車検時の記録では53823kmとなっています。つまりその時点で185465kmです。
19万km~20万km程度だと予想できます。10年以上前はメーターがそれほど高くない金額で入手できたので、表示不良になったら交換というのが普通でしたが、その後高額になり、最終的には絶版(少しデザインの異なる社外品は入手可)になったので、現在は修理業者さんに現物修理してもらっています。表示が消えていてもしっかりカウントはされているので、修理すれば現在の正しい走行距離がそのまま表示されるようになります。

2023/10/03追記

メーター修理後、58318kmが表示されました。

131642km+58318km=189960kmとなります。

 

平成27年5月に以下の整備を行っています。

全油脂類交換
オイルフィルタ交換
エアエレメント交換
ハブ スイベル オーバーホール
ブレーキキャリパオーバーホール
ブレーキパッド交換
パワステホース交換
エンジンオイルクーラーホース交換
ATオイルクーラーホース交換
ATフィルタ交換
全冷却水ホース交換
シリンダヘッドガスケット+付随ガスケット類全交換(=腰上オーバーホール)
スパークプラグ交換
ファンベルト交換
ファンベルトテンショナ交換
ウォーターポンプ交換
サーモスタット交換
ミッション脱着 エンジンリヤ側各シール交換
燃料ポンプ交換
フューエルゲージ交換
ショックアブソーバー交換
足回り全ブッシュ交換
マフラー(ステンレス)交換
外装(ルーフ以外)全塗装 各所鈑金
ルーフトリム張替
バッテリー交換
下回り防錆塗装

その後、8年4~5万kmです。
この整備の内、ATオイルクーラーホースはポイント高いと思います。もう25年前の車なので、未交換の車は漏れていることが多いのですが、これが既に絶版となってしまっています。絶版となっていても、再生してくれる業者さんはいるので何とかなるのですが、時間も費用もかなり掛かります。8年前とは言えこれが交換されているのは大きいと思います。
それから、フューエルゲージ(燃料メーター)も90は壊れている車が多く、車の揺れに合わせてピョコピョコ動いてしまうようになっていますが、これも新品交換してあります。

今回、そこまで大きな整備は必要ないとは思いますが、それでも消耗品の交換他、必要なことは行いますし、4~5万kmとは言え、8年前だから他の中古車のようにフル整備を行ってほしいということであれば、足回りのブッシュ・ショックアブソーバー・スイベル&ハブのオーバーホールまで行うことも可能です。

ここからは内外装の注意点です。

まずボディですが、使われていたのが雪国でしたので、各ドア他、ボディに電蝕、錆が出ている点があります。雪国の方はフレームにはかなり気を使われて、防錆塗装もしっかりされるので、そちらに問題が無いことが多いのですが、やはりドア内部まではなかなかできず、どうしてもドア回りの鉄の部分に錆が出て、それが表面のアルミパネルに電蝕を引き起こします。

電蝕は一度出てしまうと、簡単に直しただけではすぐに再発しますし、再発しないようにしっかりした処理をすると高額になる上に、それでも確実とは言えないため、できればドア交換をお勧めします。ただ、電蝕があったり、ドアの下部が腐食していても、使用上で大きな問題があるわけではないので、そのままで良いなら安く販売できます。

その他、ルーフの雨どい部分や、フロントガラスヒンジにも多少電蝕があります。ここはその部分だけ塗り直すことが出来ます。

サンルーフは雨漏りしたのだと思いますが、埋められてしまっています。この雨漏りのせいだと思いますが、ルーフトリムに雨染みができてしまっています。

サンルーフはパッキンだけ部品供給が無いですし、漏れたら埋めるか丸ごと交換するしかありません。

運転席・助手席はTDCⅰのXSのシートに変更されています。このシートの運転席座面のサイド部に亀裂が入ってきています。サイド部だけの張替えも可能です。

 

テールランプの色が抜けてきてしまっています。

 

全塗装は外装だけだったので、フロアやシートボックス、クォーターパネルの内側は元のアトランティックブルーです。ドアの裏側は塗装してあるので、アルルブルーになっています。

 

サイドステップは崩壊寸前。これは撤去か交換が必要です。

タイヤが古く、山も少ないのと、90にしては大きすぎる255/85R16を履いていますので、交換した方が良いでしょう。

以上のような点をどうするかで販売価格を決めようかと思います。ご興味のある方はお問い合わせください。特にお問い合わせが無い場合は、当社の好きなように仕上げてしまいますので、とりあえず安く乗りたいという方はお早めにお願いいたします。

整備説明 Td5  ブランキングプラグ冷却水漏れ

Td5のエンジンの左側(右ハンドル車の助手席側)からの冷却水漏れです。

漏れた冷却水は主にシリンダーブロックの平らになっている部分に溜まっています。
ブランキングプラグはエキゾーストマニホールドの奥にある上、遮熱板がついているので、かなり覗き込まないと漏れ箇所が分かりません。また、エンジンが熱いため漏れが少量の場合は蒸発してしまって、気が付きにくい部分でもあります。
注意しなければならないのが、このブランキングプラグのすぐ下にシリンダーヘッドガスケットがあり、プラグから漏れた冷却水がシリンダーブロックとシリンダーヘッドの間に垂れて広がり、一見するとヘッドガスケットからの漏れのように見えてしまうことです。

この勘違いで、ヘッドガスケットの交換=難易度が高いということで、一般の整備工場で修理してもらえなかったり、悪くないのにヘッドガスケットを交換されてしまった車は何台もあます。ヘッドガスケットから漏れていると言われたら、本当かどうか疑ってみる必要があります。

交換に必要な部品は以下になります。
ブランキングプラグに加え、エキゾーストマニホールド、ターボを外しますので、ガスケット類が必要になります。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t455.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t461.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t318.html

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t705.html

整備説明 Td5  エアフロ

Td5でエンジンの吹け上りが悪い車がよくあります。特に始動直後のエンジンが温まっていない時にハッキリ分かります。その場合、他にも原因はあり得るのですが、八割方がこのエアフロが原因です。


エンジンに吸入される空気を測定しているセンサーで、正常な場合、対応している診断機で測定するとアイドリング状態で55~60くらいの数値を出力しています。


これが劣化してアイドリングで40~50くらいの数値になると、加速が悪く感じ始めます。完全に壊れても緊急の固定数値を出力するようになっており、走行できなくなることはありません。

当社のスタッフなど、慣れている人がエアフロが劣化している車に乗るとすぐに気が付くのですが、意外と毎日乗っていて徐々に劣化していると気が付かないこともありますし、中古車で壊れた状態で買ってしまうと、それが普通だと思ってしまってそのままになっていることが多いです。壊れていてもエンジンチェックランプの点灯はありませんん。
早いと2~3年で壊れてしまうこともありましたが、平均的な耐用年数的には5~6年くらいではないかと思いますので、消耗品的に考えていただいた方が良いです。中古車で買われて、初めて入庫する車はほとんどがエアフロ不良になっています。簡単に交換できるものですし、そこまで高額ではないので、テスターが無くて診断ができなくても、しばらく交換履歴が無い場合は交換してしまってもいいかもしれません。
エアフロ不良の車に乗っていて新品交換すると、こんなに走る車だったのかと感動することになります。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t566.html

 

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ではございますが、下記の日程にて休業させていただきます。

 

8月11日(金)~8月16日(水)

 

上記期間中のお問い合わせへの回答、部品の発送などは17日以降となります。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

整備説明 ブレーキパッド交換

 以前からお客様にメールなどで整備内容を説明するときに、過去のブログ記事を紹介して、そちらを読んでいただくということをしていました。今回からそれを説明専用記事として、もう少し細かく書いていこうと思います。車検時などに行う作業や、典型的な故障事例等を順に書き、該当する部品のYAHOOショップの部品へのリンクも作っておこうと思います。DIYでやられる場合、部品を自分で用意して近くの整備工場さんで作業を行う場合はそちらを参照してください。

ただし、使用するすべての部品へのリンクがあるわけではないですし、ここで紹介しているからと言って、整備手順・必要な道具をメール・電話等でお教えすることは致しません。DIYで作業を行いたい方、まして整備工場さん等プロの方は、最低限整備書・パーツリストはご用意ください。探せばネット上には落ちていますし、AMAZONでも買えると思います。それに、特に海外まで目を向ければ、ディフェンダーは非常にユーザー同士の情報交換が盛んな車です。ちょっと検索すれば、大抵の問題は解決するはずです。今はブラウザの翻訳機能も性能が上がっていますので、英語ができなくてもそれほど苦も無く色々調べられるはずです。自分で調べようとしない人は、作業をする資格がありません。調べられない方、調べたくない方は、代わりに調べて作業してくれる整備工場さんに依頼してください。

 

さて、本題です。初回はブレーキパッドの交換作業です。

ブレーキパッドはブレーキをかけるたびに摩耗していく部品です。
ブレーキパッドが摩耗した場合、国産車だとほとんどの場合はブレーキパッドだけを交換すればいいのですが、ディフェンダーはそうはいかない場合が多いです。
これはディフェンダーに限らず、他の輸入車にも多いのですが、ブレーキパッドが挟み込む相手側であるブレーキローターも結構摩耗します。

ブレーキパッドの当たらない縁だけ残って、当たるところが摩耗していることが分かると思います。

使用限度を超えて薄くなっていなければ摩耗を無視してパッドだけ交換してしまっても、ブレーキの効きに問題はないのですが、ローター表面は今までのパッドの形に摩耗しています。ここに新しいパッドを組み合わせると、どうしても当たりが悪くなってしまいます。あたりが悪くなってもブレーキの最大制動力にはほとんど影響はないのですが、ブレーキの効き初めの感触に違和感が出たり、ブレーキ鳴きが発生したりします。
そのため、ブレーキパッド交換時には、できればローターの研磨か交換を行って、ローター側もフラットにしてやることをお勧めします。経験上、ローター研磨では鳴きが収まらなかったことがあるので、当社では交換を推奨しています。
ランドローバー ディフェンダー フロントブレーキディスク ベンチ 社外品 2枚セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t484.html
ランドローバー ディフェンダー ブレーキディスク リヤ 〜WA159806 110・130用 2枚セット 社外品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t1588.html
ランドローバー ディフェンダー ブレーキディスク リヤ XA159807〜 110・130用 2枚セット 社外品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t398.html

それから、ディフェンダーのブレーキはピストンにダストブーツがありません。多くの車はピストンにはゴムカバーがついていて、パッドが摩耗してせり出してきたピストンの露出した部分が直接外気に当たらないようになっています。しかし、ディフェンダーはむき出しです。ピストンはメッキがされていますが、ブレーキは高温になるので劣化して剥離したり、錆びたりします。

パッドを新品に交換する際は、ピストンをブレーキキャリパー内に押し戻す必要があります。この際に錆やメッキ剥がれで表面が荒れているピストンを押し込んでしまうと、シールを傷つけたり、シールとの当たりが悪くなってブレーキフルード漏れを起こします。フルード漏れは起こさなくても、動きが悪くなってブレーキの引きずり、パッドの偏摩耗も発生してしまいます。

内外のパッドの残量が大きく違っています。これはピストンの動きが悪いせいで発生します。

こうならないためには、ブレーキパッド交換の際には、ピストンの状態をチェックし、問題があればキャリパーオーバーホール、ピストン交換が必要になります。
ピストン交換の際は、当社では純正・OEM・ステンレス(社外品)をご用意しています。この中で、通常自社での整備で作業する場合はステンレスをお勧めしています。ステンレスであれば基本的に今後の交換は必要なくなります。(ただし、シールの劣化はあるので、状態を確認してキャリパーオーバーホールは行った方がいいです)
ピストンには非常に安価な社外品もあるのですが、これは品質が酷いので当社では使用しません。ヤフオクなどで売られていますが、特に付属のシールやリテーナーリング類の品質が酷いので、組付けが
大変になりますし、耐久性も心配です。
ランドローバー ディフェンダー ステンレスピストンキット フロント用 左右セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t1049.html
ランドローバー ディフェンダー ステンレスピストンキット 110・130リヤ用 〜1A614447 左右セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t933.html
ランドローバー ディフェンダー ステンレスピストンキット 110・130リヤ用 1A614448〜 左右セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t1048.html
ランドローバー ディフェンダー ステンレスピストンキット 90リヤ用 左右セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t1050.html

キャリパーオーバーホールが大変、整備工場さんが嫌がってやってくれないという場合は、キャリパーASSYで交換してしまう方法もあります。錆でキャリパーが酷い状態という場合も交換の方がいいでしょう。入っているピストンはステンレスではないですが、オーバーホール工賃とピストンの部品代を考えると、キャリパーごと交換してしまってもそれほど差が出ません。
ランドローバー ディフェンダー フロントブレーキキャリパー 右 ベンチレーテッドディスク用 社外品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t802.html
ランドローバー ディフェンダー フロントブレーキキャリパー 左 社外品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t803.html
ランドローバー ディフェンダー リヤブレーキキャリパー 右 1A614448〜 110、130用 社外品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t819.html
ランドローバー ディフェンダー リヤブレーキキャリパー 左 1A614448〜 110、130用 社外品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t818.html

それから、ブレーキパッドですが、純正・社外といろいろあります。社外パッドの中には単に安いものもありますし、低ダストであったり、効きが良くなるものもあります。ただし、社外パッドは鳴きが出やすいので当社では基本的には純正をお勧めしています。純正には取り付け金具も付属しますので、こちらも併せて新品にできます。

ランドローバー ディフェンダー ブレーキパッド フロント用 純正品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t811.html
ランドローバー ディフェンダー 110用ブレーキパッド リヤ用 1A614448〜 純正品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t808.html
ランドローバー ディフェンダー 110用ブレーキパッド リヤ用 〜1A614447 純正品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t814.html
ランドローバー ディフェンダー 90用ブレーキパッド リヤ用 純正品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t2001.html

以上のように、ディフェンダーのブレーキを整備はなかなか大変です。
これを知らない業者さんで行うと、まずブレーキパッドだけ交換で済まされてしまいます。一般の整備工場さんに整備を依頼する際は、必ずパッド交換の際にはローターとピストンのチェックをして、必要があれば一式交換するように伝えた方が良いでしょう。