90Tdiピックアップ レストア (10)

 ついに10回目です。思った以上に長くなってしまいました。次回には完成させたいところです。
 まずは、内装作業。いつもの防音と断熱です。この車内の狭さに新品クーラーが付くのだから、断熱は要らないかもしれませんが、材料が少し残ってましたので。でもビッシリ貼るほどなかったので、この程度。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


ステアリングはモトリタのウッド。

イメージ 4


 ドアトリムには人工スエードを貼りました。アルカンターラと同等のエクセーヌという生地です。すごく良い手触りです。

イメージ 5


フラッシュが反射してしまってなんか変な感じですので、取り付ける前の明るいところでフラッシュなしで撮った写真も載せておきます。実際は落ち着いた感じです。

イメージ 6


 実は、これはルーフトリム用に取寄せたのですが、作業をしてくれるシート屋さんに持ち込んだところ、ディフェンダーのルーフに貼り付けるのは無理だと言われてしまいました。ルーフトリムはシート屋さんの方で対応するものを取寄せてもらう事になったのですが、せっかくの生地が無駄になってガッカリしていたところに、外してあったドアトリムが目に入りました。
 「これに貼れます?」と聞いたところ、ラインはキチンと出ないかもしれないが、何とかなるとのこと。面白そうなのでやってもらう事にしました。出来上がったものを見るとラインも結構しっかり出ていて、想像以上の仕上がりです。嬉しくなって、プルハンドルもレザーを取寄せてしまいました。

 
 外装の方は、まずヘリテイジスタイルグリルと亜鉛メッキのバンパー。

イメージ 7


 亜鉛メッキはまだピカピカですが、だんだんとくすんでいい感じになってくるはずです。ヘリテイジスタイルグリルは正直失敗でした。仕上げが良すぎるのです。今回はもうちょっと安っぽい感じのタイプのメッシュグリルの方がフィットしたはず。代替品を探してみます。

それから定番の折り畳みステップ。

イメージ 8


スペアホイールキャリアも付けます。

イメージ 9


イメージ 10


クーラーの取り付けも着々と進んでいます。

イメージ 11


 このクーラーキットは、純正のOEM品です。正規輸入のTd5に付いているものと同じです。この車はTdiですので、テンショナなどはTdiに適合するタイプのものになっていますが、それもTdi用の純正部品で部品番号がありますし、内装部品はどちらも共通です。
 
 古い年式の並行輸入車のクーラーは社外品が付いていることが多いですが、これが壊れると部品が手に入らない事が多いです。もちろん、吊り下げクーラーですから仕組み自体は簡単で、きちんとした業者さんなら汎用品を加工したりして問題なく直せるのですが、業者さんによっては面倒なのでまともに診てくれなかったり、そういう業者さんが近くにない場合は修理に苦労される事もあると思います。
 その点、純正クーラーならとりあえず部品の手配には問題ありません。クーラーキットはもちろん高いですが、クーラーの各部分が次々に壊れて直していくよりは、良いかもしれません。社外クーラーが壊れて高額な見積が出た方、いっそ丸ごと交換してしまってはいかがでしょうか。