ディフェンダー90ピックアップ レストア2 (6)

土台の方は納得いくまで仕上がりました。
次はボディです。

まずはこれ。

イメージ 1


バッテリーボックスが腐って底が抜けたのか、上から適当な鉄板を貼り付けてあって、それが真っ赤に錆びています。こんなのまたいつ抜けるか分かりません。
まず底を切断。

イメージ 2


同じ形状の底板を作って取り付けます。

イメージ 3


イメージ 4


あとは塗装したら完成です。

イメージ 5


ちなみに90ピックアップの反対側は物入れではなく燃料タンクになっています。

イメージ 6


これも当然のごとく新品です。盛大に漏れていました。

荷台の方にいきましょう。
まずは荷台上端のフレームを外します。

イメージ 7


イメージ 8


リベットで固定されているので、リベットを揉んで取ってしまえば、外れるはずなのですが、全然動きません。タガネを入れてガンガン叩いていると、こんなものが出てきました。

イメージ 9


何やら樹脂っぽいです。
腐って穴が開いたところをこれで埋めて、上から塗ってあるようです。
何と言うかまあ、ワイルドです。

何とかこの樹脂を剥がして、フレームを取り外す事ができました。

イメージ 10


次は荷台の鈑金です。
イメージ 11

ほぼ全面にパテが入っていて、しかもそれが最高クラスに雑なので、手直しも大変です。

ウイングも取付け。

イメージ 12


ここで今回の色を初公開。
明るいところだとこんな感じです。

イメージ 13


ひつじのショーンに出てくるような古いランドローバーをイメージしてはいたのですが、なかなか色が決まりませんでした。前回のグリーンはオーソドックスな色ですし、イメージ通りだったので一度決まれば迷いませんでしたが、今回は正直悩みました。実は今でもこれでよかったんだろうかと疑問に思っていますが、白屋根と白ホイール、メッシュグリルやシルバーの荷台フレームが付けば、それっぽくなってくれると信じて作業を進めています。