再生

現在、大体1~1.5ヶ月に1台くらいのペースで全塗装など手のかかる作業をしています。
先日今年2台目のクラシックレンジを終え、現在は110の全塗装に取り掛かったところです。
これが終われば今のところお客様からの注文は一段落。次は自社の在庫車の中から一台手を入れていこうと思っています。

今のところ第一候補はこちら。

110SW 300Tdi

イメージ 1


イメージ 2


廃車?部品取り? いえいえ、直します。
酷く見えるのですが、フレームには影響が無く、この状態でも普通に真っ直ぐ走ります。
ディフェンダーはフレームの上にボディーが載っているので、フレームさえ無事なら上の部分は取り替えができます。いや、フレームも部品として売っていますので、厳密に言えばフレームがダメでも直せるのですけど、それは直したというより新しく車を組み立てた事になるかもしれません。
とにかく、走行距離も少なく、貴重な後期インパネのTdiですので、しっかり直します。

もちろん、直すのにはそれなりの費用がかかりますが、それでも同じくらいの走行距離、年式の車に比べれば多少は安く販売できるはずです。
メリットとしては、どんなスタイルにも仕上げられる事。
純正にない色、古い年式にしかない色、何でもOKです。なかなか希望の使用の車が見つからないという方は、いかがでしょうか?

 それから、残念ながら事故等で保険会社から全損を言い渡されてしまった方は、是非ご相談ください。
 こんな状態の修理費用をまともにディーラーなどで見積もれば、おそらく数百万円になり、保険で修理費用全額は出ないと思います。しかし、中古パーツを使ったり、イギリスから直接部品を取寄せたりすれば、下りてくる保険金内で修理できるかもしれません。また、修理できなかったとしても、適切な金額で部品取車として買い取りますので、保険会社や修理入庫先に無料で引渡しなどせずに、一度ご相談ください。