Td5 エンジン不調 エンスト

走行中にエンストをしてしまうというTd5が入庫しました。
他店で定番の燃料ポンプ、エアブリードバルブを交換しても改善しなかったとのことです。

お預かりして症状を確認すると、どうやらフューエルラインにエアが噛んでしまっているような症状です。

ギュイ~ンという燃料ポンプのエア噛み音。
突然エンスト、しつこくエア抜きすれば再始動。再始動時に大量の白煙+ノッキング。
始動後しばらくは調子が良いものの、しばらく走るとまたエンスト。
調子よく走っているときも微妙に白煙が多い。

エア噛み音はポンプが悪いとそうなるのですが、今回は既に交換してあります。他店での作業時にホース接続のミスがあって納車直後に燃料が漏れだしたとのことですので、その際のダメージ、その他の接続ミスを疑って、手持ちの点検用ポンプと交換してみますが、症状は変わらず。

可能性は低いとは思いつつも、フューエルブロックコネクタ(燃料レギュレター)を交換してもハズレ。

ノッキングと白煙からすると、なんとなくインジェクターが悪いような症状なのですが、フォルトは何も出ません。しばらく悩んでいたのですが、インジェクター本体ではなく、インジェクターの先に付いている銅ワッシャーの摩耗でこういった症状が出るというのを海外の掲示板か雑誌で読んだ記憶があったので、試してみることにしました。

このワッシャーなのですが、インジェクターを取り外してすぐ怪しいのが分かりました。

イメージ 1


右が新品。左は明らかに摩耗して穴が広がっています。

イメージ 2


根元のOリングと併せて交換してみると、やはり正解でした。
一度エア抜きしたら、もうエア噛み音は消えましたし、一発始動で白煙も出ません。

その後もネット検索していると結構メジャーな症状であるようです。しかし、当社では今回が初めてでした。ただ、何人かディーラーでインジェクターを全部交換してすごい出費だったという話を聞いたことがありますので、もしかしたらこれが原因だったかもしれません。ワッシャーだけ交換できることを知らなかったら、当社でもインジェクターアッセンブリ交換ということになっていたと思います。
インジェクター全部交換したら数十万。それに対して、ワッシャーだけなら(部品は単なるワッシャーにしては高いのですが、)工賃含めて数万円です。
Td5のエンジン不調でインジェクター5本全部交換なんていう見積もりが出てきたら、ちょっと疑った方が良いかもしれません。今まで何度かインジェクター交換はありましたが、全部一度に交換なんてことはありませんでしたから。

海外掲示板からの情報によると、この銅ワッシャーが悪いと、エンジンオイル内に軽油が混じって量が増えたり、オイルが軽油臭くなったりするそうです。しかし、今回はそういったのはありませんでした。日本人は几帳面だから、大量に軽油混入する前にオイル交換されてしまうからでしょうね。

それから、この銅ワッシャー交換には特殊工具が必要です。当社では持っていないものだったので、イギリスに注文したのですがなかなか届かないので、ミッドランドさんにお借りしました。大変助かりました。ありがとうございました。