キーレス設定

イメージ 1

もう周知のことかと思っていましたが、意外と知らない方が多いようで、初めて車検で入庫される人などにお話しすると驚かれることがありますので、改めて紹介いたします。
正規輸入車のTd5には集中ロックが付いていますが、隠し機能?として、キーレスを設定することができます。
 設定方法としては簡単で、写真の純正か純正タイプ社外のリモコンを用意して、専用のコンピューターを繋いで同期設定するだけです。更に、その同期したリモコンが無いとエンジンがかからなくなるというイモビライザー機能や、リモコンでロックした後で、キーや、ピッキングなどでドアを開けるとホーンを鳴らすというセキュリティ機能をセットすることもできます。ただし、これらは誤動作でトラブルになることもあり、あまりお勧めはしていません。

 当然ですが、並行輸入車で集中ロックが付いていない車はこの方法ではキーレスにすることはできませんのでご注意ください。そういう車は各ドアに汎用アクチュエーターを取り付けて、これまた汎用のキーレスキットを取り付ける必要があります。

 それから、正規輸入車は基本的には315MHZのシステムになっていますが、並行輸入車の場合は仕向け国によって315MHZも433MHZもありますし、ディフェンダーですから、場合によっては正規輸入車でも何らかの理由で433MHZの方が付いているなんてことも無いとは言えません。購入の際にはご注意ください。
確実にはメーター奥に付いている緑色の箱を見てもらうと、そこに周波数が書かれています。

ご注文はこちらからどうぞ。

社外315MHZ(生産終了)

純正315MHZ 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t877.html

社外(315MHZ以外)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/asahimotors/t875.html

 セッティングはオートロジックなどの専用テスターを持っているお店や、ディーラーさんなどでも可能です。ただし、「できる」ことと「やってくれる」ことは違いますので、購入前に必ずセッティングでしてもらえるかはご確認ください。ディーラーさんだとできることを知らずにできないと断られることもありますが、持っているコンピューターでできないということはありませんので、ダメもとでいいからやってみてくれと頼んでみるといいかもしれません。

 ところで、ヨーロッパではある年式からイモビライザーの装備が義務化されていますので、並行輸入車には集中ロックが無いものの、イモビライザーが付いているという車もあります。これが結構鬱陶しく、社外キーレスキットを後付けするとリモコンが2個となり、社外キーレスキットのリモコンで開錠して、純正リモコンでセキュリティをオフにするという、面倒なことをしなければいけなくなります。社外キーレスキットを取り付けなくても、毎回セキュリティをオフにする必要がありますし、古くなるとこれが誤動作してエンジンが始動できなくなるなどということも時々あります。

 このイモビライザー機能が鬱陶しいという方は、Tdiの場合はユニットごと取り外してしまうことも可能です。後からまた生かすかもしれないという方は、取り外さなくても、設定でオフにすることもできます。ただし、この場合眠らせてあるだけですので、不具合が起きれば始動不能になることもあります。Td5、TDCiの場合はメインのECUと関係しているので取り外すことはできませんが、イモビ機能のみオフにすることはできます。ご希望の方はご相談ください。